読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

次のDOP更新から本気出す

COJ関連の雑記帳。自分のCOJの勉強のために対戦記録などを残していく予定。

エレメントお試しデッキと8/13の対戦記録

最近ブログの書き方的な記事が増えていますね。

おそらくTwitterのほうで行われているブログコンテスト的なものの影響なのでしょう。

特に強く発信したいことがあるわけではないものの、せっかくブログ書き始めたのだから参考にして少しでも読まれる記事を目指していきたいとは思います。

 

 

8/13の対戦記録

今日の使用デッキですが、赤参照のエレメントが強そうに思えたので使用感の確認のために赤ユニット中心にキャンサー、ヴァルゴ、ライブラを詰め込んで、ついでに同じく1.4の新カードで触れてみたかったものを雑多に入れたため見事な紙束でした。

使ってみたカードの感想は後ほど記載。

 

・1戦目 後攻○

相手:J4 黄緑 まりね トリック

カンナ→ヴァルゴ。

こちらのテュポ→ヴァルゴからカンナ焼いて、蝿魔王様の活躍により押し切り勝ち。

エンビル入りだったのはアリアン珍獣対策だろう。

 

・2戦目 後攻×

相手:J4 トリロス 星 不明(推定ライズ?)

タコ+2枚赤伏せ→リリム

赤をいきなり2枚も伏せてくる当たりでトリロスだと考えて良さそう。

何も考えずにテュポ出して闇取引をトリガーに差したのは軽率だったかも。

トリガー1枚伏せってのが一番アド取られる動きだと思う。

 

・3戦目 先行○

相手:J4 青単ブラフマーハンデス さや 無明滅殺

コルフェ→ミイラ、マミー。

最初の死壊石にアンチインターセプトを当てれたのはおいしいはず。

ブラフマーの返しのシヴァ、ライブラが強かった。

 

・4戦目 後攻×

相手:J3 黄単 ときや 不明(推定ヘレスカ?)

カンナ→光鷹丸。

アリエ、封印の壺、レイア、ガブリエル、毘沙門あたりが出てきたけど、何か1.3EX2の時に自分が使ってた黄単に似た構成のように見える。

 

・5戦目 先行×

相手:J4 赤青海洋バアル入り? さや ?(ゲージの溜まり方見てなかった…)

テュポーン→タコ、バンシー

バンシーを見てるのに、自分のテュポーンを重ねて出すとか甘すぎる。

3T以降はハデス→バアルと続けて制圧され、最後に楽園踏んだインペリドーリスが出てきたので海洋要素入りってことが分かっただけ。

 

感想

特に勝つ気の薄いデッキでプレイしていたとはいえ、トリロスやハデスは被害を抑える動きは取れたはず。

バアルは先日に続き、赤系統のデッキからは時折出てきて一方的にやられることが多い。

ニケバアルの時期ではなくても思ったより採用されているっぽいなぁ。

 

 

エレメント等雑感

さて先に書いたとおり今日は赤を参照するエレメント3種に触れてきました。

使っていない赤参照のスコーピオ、タウルスは赤効果ではない方がメインだと思ったので今回は使っていません。

 

・ライブラ

ライブラだけではないですが、ベルゼと組み合わせるのはエレメントのみのタッチ採用だとCP的に厳しい。

赤参照効果は火力ですがランダム2体に3000なので、全体焼き系統と合わせると強い。

シヴァと組み合わせましたが、相性良いですね。

ただ他の火力と組み合わせないとかなり力不足で、本人のサイズも小さいため青効果も使える場合でなければ単独で使いづらいというのは大きな弱み。

 

・キャンサー

これも赤参照効果は火力で、単体選択4000。

4000だとカンナ、ヒュプノス、ナギ、リリムなどなど場に残しておくとやっかいなユニットが射程圏内に入るため、赤ユニットがいる場に出すだけでもそれなりに仕事する場面は多いです。

自身のBPは5000だし、緑参照効果も発動すると単純に嬉しいしでライブラよりも単純に使いやすい感じがします。

 

・ヴァルゴ

焼けない相手に対する防御禁止に、BP6000はサイズ的にも十分。

黄色参照効果もドロー系のため、基本的に発動できれば単純においしい。

赤参照効果なのに赤の苦手な相手を選んで回避できるってのは本当に強い。

 

その他試しに入れていたもの

・アンチインターセプト

一番当てたい死壊石に使えたのはとても良かった。

ただ3戦目以外は引いても見事に腐ってた。

黄単のライブでも発動はしていたけど消滅したカードはなく、劣化何でも屋相当に。

緑単に近いデッキを使う時は対死壊石用にいいかも、と思ってたけどその他の時にトリガーに刺さりっぱなしになる恐れがあるため使いにくそう。

 

・フェイタルスラッシュ

2CPは重く、OCを狙っているデッキでもなかったので使いどころがなかった。

コンセプト無しに適当に入れるカードじゃない。

 

・亡霊を呼ぶ街

上手い人の魔法石の使い方として「次のターンに必要になるだろうカードを持ってくる」というのが紹介されるが、これは相手の動きを見てから不要になったカードを切って次のドローに期待することができる。

私のような下手なプレイヤーにとってはマイルドな魔法石って感じで、切るカードの練習にもなるのかもしれない。

あとハンデス相手だと手札をトリガーに逃がしておくという働きも。

 

ホーリーカウンター

アリアンロッド相手にどうだろうと思ってみたものの遭遇せず。

黄単のガブリエル相手の時に引けてれば意味はあっただろうけど。

 

 

さて今日のところは以上です。

これだけ書くのに所要時間1.5時間。

ブログ続けるには文章書く速度を上げる練習も必要だ。

それでは皆様良い夢を。